スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川コンテンツマーケット2010に出展しました。

Shadow touch!!を石川県で毎年行われているメディアコンテスト「石川コンテンツマーケット2010」に出展しました。

shadow_poster10s.jpg

Shadow touch!!を大学外に持ち出して一般に公開するのはこれが初めてでしたが、赤外線LEDの関係で今まで納得の行く動作が出来てなかったのでかなりの不安がありました。

しかし、直前まで卒業旅行や卒業式、研究室・アパートの引越しや不動産屋とのトラブルなどで手直しする暇もなく、ポスターも作ったのに印刷する暇も無くそのまま本番当日を迎えることに・・・。


そして当日の今日はミス&ハプニングのオンパレード!
・朝からポスター印刷する為に早起きして大学の施設に行ったのに、休館日で印刷できなくて無駄に時間を費やしてしまう。
・そのせいで肝心のShadow touch!!のセッティングが時間に間に合わない。
・セッティングが終わってお客さんに作品の説明をしてる最中にエラーでプログラムが止まる。
・キャリブレーションに時間がかかりすぎてお客さんをかなりを待たせてしまう。
・色んな光が入ってきているためにWiiリモコンが誤作動。
・やっぱり指の位置を取得できる範囲が狭い。



そして私はそんなボロボロの作品の展示を、事もあろうか「Wiimoteプログラミング」の著者である金沢高専の小坂先生の目の前のブースでやってのけました。(´Д`;)

命知らずもいいとこですよね。世界のイチローの前で自分の野球の腕前を自慢している様な気分になりました。




その小坂研究室はというと、
妊婦体験システム MommyTummy(マミータミー)
口臭を用いた吹き矢型デバイス La flèche de l'odeur(ラ・フレッシュ・デ・ロドー)

の2つを出展されていました。

SANY0269s.jpg
・小坂研究室ブース

Shadow touch!!を制作するにあたり小坂研究室のホームページにはとてもお世話になっていたので、この2つの作品については良く知っていました。
しかし、どちらも実際に体験をさせて頂きましたが、予想以上の完成度に驚きました。

マミータミーはお腹が大きくなるだけではなく、本当にお腹に赤ちゃんが入っているかのように、温もりやお腹を蹴る動きが体に伝わってきました。さらに、赤ちゃんに悪い影響を与える激しい動きをすると赤ちゃんの機嫌が悪くなり、
お腹を蹴ったりしますが、逆になでたりしているとおとなしくなったり、妊婦だけでなく赤ちゃんの気持ちまで考えた作品でした。
プレゼンも「ご妊娠おめでとうございます!」から始まり最後には自分の写真付き母子手帳をもらえるという個性あふれるプレゼンで、とても引き込まれました。

ラフレは口臭の強い弱いによって強さの変わる吹き矢で敵を倒していくゲームで、ゲームはもちろんとても細かく作りこまれてますが、今回初めて見たのは臭いをつけるための食べ物の容器が光ったり振動したりして、口臭を有効に高める食べ物をナビゲーションしてくれるようになっていました。また、最後に口臭の推移をグラフでかなり細かく表示されるようになっていた事にも驚きました。これにより食べ物の好き嫌いが無くなる!というのが売りらしいです。

他にも小坂研究室の学生さんと沢山お話をしたので、ゲームのいたるところに隠された「ハルヒ」や「らき☆すた」の絵の場所も教えてくれたり、色々な研究に対する情報交換ができてすごく楽しかったです。
また、Shadow touch!!の事もブログで書きますと言って頂いたので嬉しくて仕方ないです(^ー^)



小坂研究室の他にも、去年も出展されていた代々木アニメーション学院の方や、3DCGのモーションアクターをさせていただいた有限会社アイロジーさんなど以外にも知っている方が多く、会話も弾みました。

SANY0290s.jpg
・俺のモーションでサルが踊ってるー♪(有限会社アイロジーさん)



肝心のShadow touch!!の反応はというと、意外や意外。「発想がすごい!」「面白い!」「どういうことなの・・・」というお声を多数頂き、地味にウケは良かったです。どんどん知り合いを集めて連れてくる熱狂的なファン(?)の方までいました。
特に子供たちは純粋だから、本気で不思議がってすごく楽しそうに遊んでくれていました^^
そういや途中でNHKの取材が来たから俺テレビ出れるんかな!?(笑)



そしてコンテストの結果ですが、大賞は小坂先生のマミータミー。
残念ながらShadow touch!!は賞に選ばれませんでした。

だけどもだけど、授賞式が終わった後に審査員をやっていたエイベックスの方が、わざわざ感想を言いに来て下さったので俺はもうそれだけでお腹いっぱい^^

小坂先生とエイベックスの方はさすが全てお見通しですね。「作品の目的をしっかり考えた方が良い」「もう少し中身を膨らませた方が良い」とイターイ所を突っ込まれてしまいました(笑)
といっても研究費で買った機材等は研究室に返却したので、Shadow touch!!はもうこれ以上触れなくなってしまいましたが、これからもまた違った形でこの技術を活かした物を作って行きたいと思います。
スポンサーサイト

Shadow touch!! 体験動画

SANY0312_s.jpg

影を掴むインタラクティヴ・アート -Shadow touch!!- を実際に体験しているところの動画を撮影して、
簡単に編集したものが出来たので公開させていただきます。

↓ - Shadow touch!! - 紹介動画


やっとここまで動くようになってくれたか、といった感じです。
ここまで来るのにまず何も知らない所からの出発だったので、技術勉強をいっぱいしました。
さらに何代もの試作を制作し、色んな失敗を経験して今に至ります。

作品はまだまだ改善の余地はありますが、1年間ずっと一人で頑張ってきて自分でも割と面白い物が出来たのではないかと思ってます。

ただ、ここで終わりではなくてこれからももっと完成度を上げて行きたいです。
とりあえずコンテストに向けて最終調整ってとこですかね!

初音ミクに触るインタラクティヴ・アート -Miku touch!!- ってか!(笑)

ギャー!!

物理演算ミク

ただいま制作中のShadow touch!!にお遊び要素入れようと思って「M」キーで初音ミクを投入できるようにしたら、


Shadow touch!!じゃなくてMiku touch!!になってしまった!!

ミクに直接手で触る事ができるし、掴み上げて下から覗く・・・なんてことも出来てしまいました。ハァハァ・・・じゃなくて!

そんなことよりもっと指の3次元座標計測の精度上げろよって感じです。
でも画面の中のモデルに手で触る事が出来るってなかなか面白いですね!だれかこの技術を使って紳士的なゲームを作ってください(笑)

Shadow touch!!作品紹介 ハードウェア編

久々の更新です。更新遅くてごめんなさい(´Д`;)
shadowtouch_s.png

卒業制作である、影を掴むインタラクティヴ・アート「Shadow touch!!」ですが、この作品を構成するハードウェアについて今日は説明したいと思います。作品の概要はこちら


ハードウェアといっても、映像を投影するためのプロジェクターや設置のためのスチールラックの説明をしてもしょうがないので、今回はその中でも「自作ハードウェアデバイス」のみを紹介します。

ちなみにWiiリモコンの詳細については以前の記事で確認してください。



Shadow touch!!システム構成図
system.png




■懐中電灯型デバイス(flashlight device)
このあいだの記事でも出てきたと思いますが、本作品で使用する自作ハードウェアデバイスのメインとなるデバイスです。
懐中電灯型デバイスは以前は乾電池2本による電池式を考えていましたが、少し仕様変更しました。それは、乾電池2本では大量の赤外線LEDを点灯させると電力の消耗が激しく、すぐに電池が切れてしまうと考えたからです。

そこで、電池式とUSB電源を切り替えができるように設計し直しました。図で表すとこんなかんじです。flashlight01.png
懐中電灯本体内部にUSBの延長ケーブルを配線して、その先に赤外線LED部分を接続することでUSB電源でLEDを点灯させることができます。赤外線LED部分を電池につないで本体に電池を収納すれば電池での点灯も可能になります。

実際に作ったのがこれです。(クリックで拡大表示)

外観
SANY0256.jpgSANY0257.jpg

内部にWiiリモコンとUSB延長ケーブルを配線
SANY0271.jpg

赤外線LED部分
SANY0268.jpgSANY0266.jpg

USB延長ケーブルに赤外線LED部分を接続
SANY0270.jpg

背面のUSBオスコネクタとPCをUSB延長ケーブルで繋ぐ
SANY0274.jpg

これで赤外線LEDから出た赤外線が反射する位置をWiiリモコンで取得してPCに送信します。
USB電源の方は完成しましたが電池パックの方はまだできてないんです(^ー^;)キニシナイキニシナイ




■メインライトスイッチ(main light switch)
mainlight switch
これ、一見普通の家庭にある電気スイッチに見えますが、実はマウスなんです(笑)
作品内でこのスイッチは、メインライト(環境光)のON/OFFを切り替える役割を持っています。

この作品で描画している光や影は全てプログラム内で処理したグラフィックスなので、メインライトのON/OFFを切り替えるには、PCでスイッチの情報を読み取る必要があります。そこで簡単にON/OFFを読み取る為のデバイスとしてマウスを使用することにしました。
マウスなら左クリックと右クリックの2つのボタンがあり、それぞれが押される事でスイッチのON/OFFを切り替えられると考えたからです。

制作にあたり用意したのが、USBマウスとホームセンターで売っている家庭用スイッチとそのカバー
SN370144.jpgSANY0250.jpgSN370149.jpg
これらの持つ機能を組み合わせます。

まずはUSBマウスのカバーを外します。(保障が効かなくなるので真似しないようにw)
SN370147.jpg
そしたら中の基盤を取り出して
SN370148.jpg
マウスの左クリック・右クリックに対応する小型スイッチをはんだごてではんだを溶かして2つとも取り外します。
SN370145.jpg

マウスの方はひとまず置いといて、次はスイッチ側を分解します。
SANY0249.jpgSANY0251.jpg
スイッチの裏の緑色したケースを開けると、中に金属部品とかがはいってますけど…
全部取り出します(゜∀゜)
SN370150.jpg
取り出した後は、緑色のケースの内部を削ってマウスから取り出した小型スイッチが中に入るようにします。
そしたらリード線を小型スイッチにはんだ付けし、緑色のケースに内蔵してその状態で小型スイッチとマウスの基盤とをはんだ付けし、ちょうど小型スイッチの位置を延長してスイッチ部に内蔵する形にします。
SN370152.jpg
そしスイッチのカバーを閉じると、スイッチをON/OFFするたびにそれぞれ左クリック・右クリックのボタンが押されてPC内で読み取れる訳です!!
スイッチ背面も加工して、普通のマウスのようにマウスカーソルも動かす事ができるようにしました。


マウスという見慣れた物でも形が変わると案外面白い物ですね!先生や友人達に見せた所、なかなか評判が良かったです^^
…ただ、常に押された状態(ドラッグ状態)なので通常の使用には向いてませんというか使いこなせたら神です(笑)




と、ここまでで2つの自作デバイスを紹介しましたが、かなり長くなってしまいました^^;
他にも3次元計測デバイスや再帰性反射キャップなどの自作デバイスはまだ残ってますが、主となる2つの自作デバイスは紹介できたので、今回はここまでにして次回ハードウェア編2として紹介したいと思います。
ここまで見て下さってありがとうございました(・∀・)
TAG :
メディアアート
Shadowtouch!!
影遊び
金沢工業大学

Wiiリモコンを使った色々な活用例

なんとか研究の方も道が見え始めたので、ここらで過去に作ったボツ作品達を振り返りつつ紹介したいと思います。

こんなWiiリモコンの使い方もあるんだなぁと思いながら見ていただけるといいとおもいます。




■どこでもスクリーン(仮)
壁でも地面でも天井でも、手に持った紙でもなんでもスクリーンにしてしまうというソフト。
スクリーンがまるでそこに印刷されてるかのように追従して動きます。




プロジェクターの映像を変形して投影しているわけですね。
仕組みはこんな感じ。
どこでもスクリーン概要

①Wiiリモコンの位置から赤外線LEDで赤外線を照射。

②紙の端についている再帰性反射材に反射した4点の座標をWiiリモコン先端の赤外線カメラで読み取る。
※再帰性反射材:光源の方向に光を反射させる素材。

③4点に三角ポリゴンを二つ表示し、画像テクスチャを貼り付ける。


・・・と、こんな感じです。

お気づきかもしれませんが、テクスチャを貼っているだけなのでデスクトップぽいのはフェイクです(笑)




実はすでにJohnny Lee氏がもっと色々な物に投影するのに成功していて、その動画を見て感動したので、それを独自実装してみただけです。実装しきれてないですが(´Д`;)

本当はこの技術を使ってスクリーンを持ち歩きながら遊ぶゲームのような物を考えていたのですが、プロジェクタの投影範囲等色々な問題が出てきたので結局ボツになりました・・・。




■FLASHとWiiリモコンで体感ゲーム
こんなのも作りました。


これは大学のオープンキャンパスで高校生にFLASHでゲームを作らせるためのサンプル的な感じで2,3日くらいで作りました。

プロジェクターの位置にWiiリモコンをスクリーンに向けた状態で設置し、あとは手に持った赤外線LEDで画面のドラ○もんみたいなキャラクターを操作します。
この動画はちょっと古いので移動だけですが、オープンキャンパスで公開した時には弾も撃てるようになって点数も付くようにしました。

単純ですがWiiリモコンの面白さを知ってもらうにはちょうど良いものになったと思います。




■WiiFitを使った何か
WiiFitを使った何か

ちゃんとしたコンテンツにはなってませんが、WiiFitも組み合わせてみました。
体重移動で中央の機械みたいなのが移動するようになってます。
実際に乗ってみると体の動きにあわせてモデルが移動するので没入感がありましたが、単純なのとこれを使って面白いコンテンツを作るという所で良いアイディアが思い浮かばなかったので結局ボツになりました。



■全身でマリオ
画像はありませんが、WiiFitとWiiリモコンで全身を使って初代マリオブラザーズを遊べるソフトを作りました。
操作方法は、WiiFitの前部分で足踏みすると前進して後ろで足踏みで後退。早く足踏みでダッシュ。
ジャンプはWiiFit上でジャンプ。ファイアーは実際にライターで火をつけるとファイアーを打てるようにしました。

できるだけマリオの気持ちを味わえるように実際の動きに近づけました。
で、実際にプレイしてみるとクソムズイ&超疲れる!!

思う様に操作できなくて、1-1クリアするのに20分くらいかかりましたorz...






・・・とまぁ、たかがWiiリモコンですが使い方次第でこんな多様な楽しみ方が出来ちゃいます。
アイディアさえ出れば他にももっと色んな使い方があるとおもいます。なにか面白い使い方が思いついた方は是非ご連絡ください。m(_ _)m
今回はボツになった作品集でしたが、次回は卒研で現在誠意製作中の作品の概要を紹介したいと思ってます。お楽しみに!!
プロフィール

kohaku_v

Author:kohaku_v
夢を追い続けるプログラマ。
本職であるWebプログラマの傍ら、メディアアーティスト・ダンサー・VJ(VisualJockey)としても活動しています。

子供の頃に感じたワクワクをいつまでも忘れない大人でありたい。
そんな思いを胸に「楽しい物・嬉しい物」を追い求めて様々な技術にチャレンジしていきます。

現在のミッション:「現実とデジタルの境を無くす」

■Web: http://teruaki-tsubokura.com/

■作品
[Shadow touch!!]
[石畳燈籠]
[AR+Wiiリモコン]
[どこでもスクリーン]
[FLASH+Wiiリモコンで体感ゲーム]

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
 
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。