スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kohaku_vのオススメ動画

今年のSIGGRAPHで展示されていた作品から、私のお気に入りをご紹介致します。

Recompose from Matthew Blackshaw on Vimeo.


■Recompose
Kinectを使用した3D彫刻が出来る作品。
単純に手で操作できるだけでも楽しいデバイスなのに、プロジェクションマッピングを利用することで、
操作もグラフィカルで楽しい作品になっています。

リニアモーターを使ってピンの高さを変えているみたいなのですが、このあたりの技術詳しく知りたいですね。

MoleBot: Mole in a Table from Woohun Lee on Vimeo.


■MoleBot
もぐらを表現した作品。
もぐら本体は出てきませんが、ぽこっと盛り上がる面を見てるとなんだかだんだん可愛らしく見えてきます。
動画の後半を見てもらうとわかるのですが、このもぐらを使った新感覚のゲームまでできるみたいで、
すごく面白いし、新しい表現方法だなぁと感心してしまいました。



■POCOPOCO(首都大学東京)
POCOPOCOシーケンサ。
その名の通りポコポコっとボタンが飛び出て音を創りだすことができる作品です。
完成度がとても高くそのまま商品として売りだせますよねこれ。もちろん今のままではコストが掛かり過ぎるとは思いますが。

最初はTENORI-ONっぽいなぁと思いましたが、やっぱり物理フィードバックがある作品は楽しいですし、
ポコポコ飛び出る作品を見ているだけでも飽きないですね。



■InteractiveTop(電気通信大学小池研究室)
コマを使った作品とは、日本人ならでは発想ですよね。

コマがぶつかり合うと派手な音やエフェクトが出るという、
まさにアニメの中のベイブレードを具現化したような作品です。

コマの回転速度もコマの隣に表示されるみたいですね。ライフ表示みたいで面白い。

技術的にはコマの下部に取り付けられた4つの赤外線LEDを台のしたの高速赤外線カメラが撮影しているようです。
さらに赤外線の部分と、台に偏光版がはられていて、高速に回転するコマほど早く点滅するようにカメラに映るようです。
そして、手に持っているコマ回し機?みたいなのを近づけると回転速度を上げたり、コマを誘導したりできるようです。
偏光板で回転数を取得するとか、回ってるコマの回転数を上げるとか、発想がすばらしい。




またお気に入りの作品が増えたら紹介していくことにします。お楽しみに。
スポンサーサイト

かなざわ燈涼会でメディアアートの展示を行いました



7月29日~31日に金沢ひがし茶屋街で行われた「かなざわ燈涼会(http://touryoue.jp/)」というお祭り内で、29日と30日の2日間、金沢の伝統的な町並みを燈籠に見立てたメディアアート「町家燈籠」を展示致しました。


各町家のオーナーさんにご協力頂きまして、東茶屋街の中の12カ所で映像コンテンツを町家の障子や、床などに投影致しました。

制作を行ったのは金沢で発足したクリエイティブ集団「U-moa




メンバー全体では20人近く(一応)いますが、今回のメディアアートに関わったのはそのうちの8人です。
それぞれのメンバーが自分の担当の町家で投影する作品を制作致しました。


そんな中、私が制作したのが名付けて・・・


石畳燈籠




せっかく金沢の伝統的な町並みがあるので、もとからある「石畳」を使ってアートにできないか。と考えて始まったのがこの作品です。
来場者の方に楽しんで頂く為に、近づくと石畳の枠が光り、上に乗ると音と共に石畳の面が光るというインタラクションを取り入れました。


大変多くの来場者の方に体験して頂き、老若男女問わず皆様に楽しんで頂けたようで、人が人を呼び、常に人だかりができているような状態でした。
さらに道を歩けば誰でもモデルになったかのように写真をみんなが撮っていました。


技術的には、Kinectセンサー2台を使用して人の位置を奥行きで取得して、プロジェクター2台を使用し「プロジェクションマッピング」という表現方法を用いて石畳に映像を重ね合わせて投影しています。




こんな感じでKinectとプロジェクターとPCのセットを2つ並べて使っています。
設置台はスチールラックと100円均一で買い集めた材料のみで作りました(笑)

キャリブレーションはマウスで石畳に合わせてひとつずつポイントを打ちながら石畳オブジェクトを実際の世界に合わせていきます。なかなかこの作業が大変でしたが、リアルとデジタル空間がぴったり重なったときは感動しました。


また、東京工芸大学のアーティストさん達が今回の「町家燈籠」をわざわざ見に来て下さったようで、Kinectを使ったプロジェクションマッピングの仕方など、色々お話させて頂きました。
遠くからわざわざ見に来てくれるなんてとっても嬉しいですね!


イベント全体としての感想は、金沢ひがし茶屋街という伝統的な町並みの中、お祭りという沢山のお客さんの目にふれる場所で展示でき、さらに沢山の来場者の方や町家のオーナーさん・芸子さん達にも「凄く面白かったです」というような感想を頂沢山けたので、大満足です。

中でも、2~3歳くらいの本当に小さい子が、よほど気に入ったのか石畳の上で必死で体を動かして遊んでくれているのを見て、制作者としては本当に嬉しくて涙が出そうになりました。。。


これがインタラクティブアートの醍醐味ですよね。これだから作品展示はやめられない!
これからも沢山作品を作って色んな場所で作品展示を行っていきたいです!
TAG :
メディアアート
インスタレーション
Kinect
プロジェクションマッピング

「Shadow touch!!」が DigInfo TV に掲載されました。

六本木の国立新美術館で行われている第14回文化庁メディア芸術祭ですが、
2月1日に行われた内覧会でDigInfo様の取材を受けました。
なんだかいい感じの記事と動画になっています。
その記事がこちら。

DigInfo TV - 感覚をだますメディアアート「Shadow touch!!」

さらにYoutubeに日本語と英語で動画がアップされています。

【日本語】
感覚をだますメディアアート「Shadow touch!!」 : DigInfo


【英語】
Shadow Touch! - Media art that fools the senses : DigInfo


DigInfo様で取り上げて頂いてから沢山の人に見て頂けている様で、動画が投稿されて3日ほどで3万再生とすごい勢いになってます。
twitterやblog等でも沢山取り上げていただきまして、本当に嬉しい限りです!

実はこれがメディアアートをやるのは初めてでした。でもこんな反響があるとメディアアートにハマってしまいそうですね!
これからもShadow touch!!をベースに開発を続けるか、それとも全く新しい作品を作るか決まってませんがこれからも制作活動を続けて行きます。
TAG :
DigInfo,
DigInfo
News,
TV,
金沢工業大学,
大学,
影,
影遊び,
メディアアート,
デバイスアート,

第14回文化庁メディア芸術祭に出展します 2月2日~13日

以前の記事にも書きましたが、学生CGコンテストというメディアコンテストで受賞したので(http://www.cgarts.or.jp/scg/2010/prize/int_p2/index.html
六本木の国立新美術館で行われる第14回文化庁メディア芸術祭で作品展示をする為に只今六本木に来ています。

2624213_973518621_136large.jpg2624213_973518628_87large.jpg

昨日は設営を行い、本日は内覧会がありました。
いよいよ明日2月2日から第14回文化庁メディア芸術祭が始まります。


展示ブースを一通り見てきましたが、かなりすごかったです。
文化庁メディア芸術祭はプロの方々も応募されるので、映像作品上映会では「劇場版マクロスF」とか「涼宮ハルヒの消失」なども上映されます。
ゲームでは「Newスーパーマリオ」を初めとするPS3・Wii・DS・PSPなどのゲームがプレイできる状態でたくさん展示されていました。


2624213_975074514_222large.jpg2624213_973518613_104large.jpg

その第14回文化庁メディア芸術祭の学生CGコンテストのエリアで、影を掴むインタラクティブアート「Shadow touch!!」を展示しています。
しかも贅沢に個室を用意して頂きました(゜∀゜)
入場料無料とのことなので、東京に居る方で興味のある方は是非見に来てください。

見に来れない方も期間中こちらで、USTREAM配信しているようなので良ければどうぞ↓
http://plaza.map-staff.jp/ust/index.html


第14回メディア芸術祭
2011年2月2日 ~ 2月13日 ※火曜日休館日
10:00~18:00
東京港区六本木
国立新美術館
観覧料無料
http://plaza.bunka.go.jp/festival/
TAG :
Shadowtouch!!
メディアアート
金沢工業大学
影遊び

第16回学生CGコンテストで「Shadow touch!!」が優秀賞を受賞

CG-ARTS協会主催の第16回学生CGコンテストの受賞作品が公式ホームページ上で発表されました。
私が応募していた「Shadow touch!!」もなんと【インタラクティブ部門】

【優秀賞】

を頂くことができました!

shadow03.jpg

■第16回学生CGコンテスト 「Shadow touch!!」
http://www.cgarts.or.jp/scg/2010/prize/int_p2/index.html

今年は合計1221作品の応募があったようで、その中から【静止画部門】【動画部門】【インタラクティブ部門】の各部門で、最優秀賞1作品・優秀賞3作品・エンターテイメント賞3作品・奨励賞2作品が選ばれるということで、その限られたわずかな作品に選ばれたということでとても嬉しく思っています。

今までメディアコンテストにはいくつか作品を応募しましたが、賞を頂くのはこれが始めてです。
自分の興味のある事、面白いと思う事だけをやってきた訳ですが、それが始めて他の人に認められたので自分がやってきた事は無駄じゃなかったんだなと、やっと実感することができました。

でも、他の受賞作品を見ているとどれもレベルが高くて、そのまま製品として売れるんじゃないかと思う作品ばかりだったので、正直、自分の手作り感あふれる低クオリティの作品がここに並んでていいのかと心配になります(笑)


他にも、i-tokyo/IVRCで出展されていた知り合いの方も一緒に受賞されていました。
ダンス×メディアアートをやられてる方で、私もダンサーとしても研究者としても尊敬してる方の作品です。
■第16回学生CGコンテスト 「Lighting Choreographer」
http://www.cgarts.or.jp/scg/2010/prize/int_p6/index.html



また、このコンテストの受賞作品展が、2011年2月2日(水)~2月13(日)の間に国立新美術館で行われます。
今年の受賞作品を実際に見られるチャンスなので皆様是非お越し下さい。

■第16回学生CGコンテスト 受賞作品展(第14回文化庁メディア芸術祭協賛事業)
【日時】2011年2月2日(水)~2月13(日)
【場所】国立新美術館(東京港区六本木)


もしかしたら大勢の前でプレゼンしなきゃいけないかもしれないらしいので今から緊張してます(汗
オブジェクト出しすぎると強制終了してしまうバグも治ってないし、壊れかけの機材の作り直しもしないといけないし、でも毎日仕事もあるし......大変だー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※追記

金沢工業大学のホームページのNewsに掲載されました!
■金沢工業大学ホームページ
http://www.kitnet.jp/news/index.cgi/id/00495/

私がアドバイザをさせて頂いている金沢工業高等専門学校 小坂研究室のホームページにも掲載されました!
■Kosaka Laboratory
http://www.kosaka-lab.com/kosaka_laboratory/2010/12/cgshadow-touch.php
TAG :
Wiimote
Shadowtouch!!
メディアアート
プロフィール

kohaku_v

Author:kohaku_v
夢を追い続けるプログラマ。
本職であるWebプログラマの傍ら、メディアアーティスト・ダンサー・VJ(VisualJockey)としても活動しています。

子供の頃に感じたワクワクをいつまでも忘れない大人でありたい。
そんな思いを胸に「楽しい物・嬉しい物」を追い求めて様々な技術にチャレンジしていきます。

現在のミッション:「現実とデジタルの境を無くす」

■Web: http://teruaki-tsubokura.com/

■作品
[Shadow touch!!]
[石畳燈籠]
[AR+Wiiリモコン]
[どこでもスクリーン]
[FLASH+Wiiリモコンで体感ゲーム]

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
 
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。