スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AR(拡張現実)&Wiiリモコンをやってみた

前から拡張現実と呼ばれるARWiiリモコンを組み合わせた物を作ってみたいと思っていました。

そこで、今回は卒業研究の方も順調に進んでいる(?)ので、一晩でARとWiiリモコンを組み合わせた作品を作る事にしました!

miku
↓動画は下のほうにあります。


ARとWiiリモコンを組み合わせるにあたり、初めはFLASHで実装しようと思いました。

というのも、FLASHはWeb上で実際に動かせる上に既にFLARToolKitというFlash用のARが作られていて、さらにWiiFlashというサーバーソフトを使えば、FlashのActionScript3.0とWiiリモコン間で情報をやりとりできるからです。



しかし!!



WiiFlashですが、研究室のパソコンでは動いたのですが、同じように自分のノートパソコンにインストールしてサンプルを動かしても動かない(´Д`;)


色々調べましたが、問題はFlashでもWiiリモコンでもなく、「Bluetoothスタック」にありました。
WiiFlashの使えるBluetoothスタックは限られているようで、こればかりはBluetoothアダプタを買い換えるしか方法がありません・・・


ということでFlashは諦めて、C#で実装する事にしました!



C#でARを動かすために、A虎@さんの作った「NyARToolKit for C#」というクラスライブラリを使わせて頂きました。

そのソース解読に時間がかかりましたが、なんとかWiiリモコン制御用のプログラムを打ち込んで行って、ARとWiiリモコンを同時に動かす事が出来ました(・∀・)



■AR(拡張現実)&Wiiリモコン


ここから解説。

Wiiリモコンから取得できる値として前も日記に書きましたが、

・XYZ軸加速度(傾き)
・赤外線座標(4点まで)
・11ボタン


があります。


まず、
[加速度]

平行移動がXとY軸、垂直(縦)の移動がZ軸となっていて、XとYの加速度をモデルの加速度に加算し、平行移動させています。Z軸は一定値以上の加速度が加わると、モデルの加速度に加算されるようになっています。

壁に当たった場合は加速度×-1して反射させ、さらに×0.8して擬似跳ね返り係数を作っています。


次に、
[赤外線]

赤外線の座標をX.Yで取得できるので、今回はX軸のみ使用してモデルをZ軸を中心に回転させています。


そして[ボタン]ですが、今回はマーカーの土台として使用したので、ボタンは使用しない設定で行きました。






ということで今回はARとWiiリモコン組み合わせてみました
ARとWiiリモコンを組み合わせるとかなり自由度が上がりますよね
これでARの世界もさらにインタラクティブに生まれ変わります

あとは、コンタクトレンズ型ディスプレイの製品化を待つのみですね

さぁ、みんなも電脳ワールドに飛び込もう!!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kohaku_v

Author:kohaku_v
夢を追い続けるプログラマ。
本職であるWebプログラマの傍ら、メディアアーティスト・ダンサー・VJ(VisualJockey)としても活動しています。

子供の頃に感じたワクワクをいつまでも忘れない大人でありたい。
そんな思いを胸に「楽しい物・嬉しい物」を追い求めて様々な技術にチャレンジしていきます。

現在のミッション:「現実とデジタルの境を無くす」

■Web: http://teruaki-tsubokura.com/

■作品
[Shadow touch!!]
[石畳燈籠]
[AR+Wiiリモコン]
[どこでもスクリーン]
[FLASH+Wiiリモコンで体感ゲーム]

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
 
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。