スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代デバイス Kinectまとめ

Kinect


Xbox360用モーションコントローラー Kinectが日本で発売されてから3週間が経ちました。

Kinectはコントローラーや装置を一切身に付けず、体だけで操作ができるようになるモーションコントローラーで、Xbox360用にMicrosoftが開発したデバイスですが、内蔵されたセンサ類によってプレイヤーの3次元的な位置の取得声&顔認識、さらには体勢のトラッキングまでできてしまう夢のようなデバイスです。

USB接続ということもありPCに接続して操作のできるドライバがユーザーによって開発されてオープンソースで公開されているので、15000円ほどで誰でも最新の技術を使って開発ができてしまいます。
今では世界中でKinectの様々な使い方が開拓されていますので、私の気になった物の一部をご紹介させていただきます。

まずはKinect動画で最初に衝撃を受けた動画です。
Kinectカメラで取った映像に深度センサの奥行き情報を付加して3Dスキャンしてる映像です。



先ほどの3Dスキャンに加えて物理演算でデジタルのオブジェクトとリアルのオブジェクトをぶつけているもの。
あたった部分の色に合わせてボールの色も変化しています。まさに拡張現実って感じですね。



続いては画面内にある物体の三次元情報を保存して、そこにあるかのように表示しているものみたいですね。
そこに物があるように見えるのにすり抜けています。魔法みたいです。



空飛ぶKinect。深度センサのおかげでぶつからないようです。メタルギア2に出てきた無人偵察機・サイファーですねわかります。



骨格トラッキングというものですね。これはKinectの深度センサを開発しているイスラエルのPrimeSense™社のオープンソースドライバを使った物の用で、見事に体の骨格をトラッキングできているのがわかると思います。
これがゲームや様々なインターフェイスとして使えると思うとわくわくしますよね。


こんな素敵なデバイスが家庭用ゲーム機として手軽に手に入ってしまうなんて凄い時代が来たもんですね。
私もまだ手に入れていないので、ぜひとも買って色々試してみたいと思います。





TAG :
Kinect

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kohaku_v

Author:kohaku_v
夢を追い続けるプログラマ。
本職であるWebプログラマの傍ら、メディアアーティスト・ダンサー・VJ(VisualJockey)としても活動しています。

子供の頃に感じたワクワクをいつまでも忘れない大人でありたい。
そんな思いを胸に「楽しい物・嬉しい物」を追い求めて様々な技術にチャレンジしていきます。

現在のミッション:「現実とデジタルの境を無くす」

■Web: http://teruaki-tsubokura.com/

■作品
[Shadow touch!!]
[石畳燈籠]
[AR+Wiiリモコン]
[どこでもスクリーン]
[FLASH+Wiiリモコンで体感ゲーム]

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
 
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。