スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒研メモ

最近卒研の制作が思うように進まなくてやる気が起きない…。

でもやらなければいけない事は増える一方


自分が忘れないようにこれからやる事をメモメモ...φ(..)



■ソフトウェア

・インターフェースの作成。
インタラクティヴ・アートなので作るかわからなくなってきた。

・モデルのバリエーションを増やす。
DOGA-Lシリーズではそろそろ限界か。MAYAを使おうか。

・二次元で取得した手の位置で3Dモデルの座標を操作する。
ステレオ画像による三次元計測を使う。

・物理演算ライブラリの導入。
Black Curry Engineというフリーのものを使用。

・リモコン距離でライトの範囲変化
反射板を2点以上配置してリモコンに映る2点の距離で遠近を擬似的に再現。

・ポイントを見失った時にゆっくりフェードアウト
現段階では光の飛びが多く見栄えが悪い。

・物理演算の影をアルファを高さと連動させる。
現段階では影の濃さが変わらない。ズレは修正済み。




■環境設営・ハードウェア

・設置場所を考える。
高さのあるラックのような物の一番上にプロジェクター。投影台と同じ高さにはWiiリモコンを設置。
もしくは布を張り、下からプロジェクターで投影して手の影が落ちないようにする。
赤外線の影響を受けるので、周囲を黒い布で囲み直射日光が入らないように気をつける。

・地面に投影する方法。
鏡を使うのが有力。大きめの鏡と固定する物を準備する。

・2つのWiiリモコンを定位置で固定する物を作る。
2つのリモコンの距離を固定する事はステレオ画像による三次元計測で重要になる。

・手に反射板をつける方法。
手袋⇒たくさんの人が使うと気になる人がいるかも。
指サック⇒つけるのが簡単で気軽に付けれる。
マジックハンドなど⇒間接的にさわるのでリアリティが薄れるが、ゲームのような感覚になり面白いかも。
意識をせずに行動を制限できるので、誤作動を減らす効果もあるかも。

・懐中電灯型ポインティングデバイスの作成
100均で買ってきて型だけ使う?

・キャップ方再帰性反射板
指につけるためのキャップ。指サックを使う?



■発表準備

・発表用スライド。
来週水曜に中間発表。早めに完成させる。

・PR用ポスター。
石川コンテンツマーケット出展用のポスターなど。1月ごろまでに。

・卒論用まとめ。
卒論を書きやすいように少しずつまとめていくべし。

・テーマをどのように結論付けるか。
実際に体験してもらって感想を聞き、不思議な感覚を体感してもらえた的な感じでいけないか。

・アブストラクト、プロジェクトレポート作成。
2月1日提出。





自分を焦らせる為のメモですが…
思い出し次第追加していきます。

12月6日追記完了

最近の事

このあいだ書いた記事、書き込みミスかなんかで消えてました(泣)


最近やったことのまとめです。ちょっと長くなると思うのでちょっとずつ書きます(^ー^;)



■eAT金沢アワード2010 動画作品

最近と言っても、もう3週間も前になりますが、石川県が主催しているメディアコンテスト「eAT金沢アワード2010」の動画部門に作品を応募すべく、作品作りを頑張っていました。


3分間の動画ですが、毎日朝から夜9時まで研究室にこもって素材作り・撮影・動画編集などを頑張ったかいあってなんとか締め切りに間に合いました。


「絶対にこのコンテストに出す」って決めて頑張ってきて本当に良かったです。自分も大きく成長出来たし、なんにも目標も無くだらだらした毎日を送るより、「作品を出した」「行動した」っていう事が一番大切なんだって実感しました。

賞を取れるかなんてわかりませんが、結構頑張った作品なので割と本気で賞狙ってます(笑)

ちなみに15秒の動画部門に応募したのですが、一番メインの部門なのでグランプリは50万円相当の商品だとかフフフ・・・



作品は今はまだ公開しません。
というのも、まぁちょっと恥ずかしかったり、2週間かけてこれかとか言われるとショックなので
でも、もし賞が取れたら公開するつもりですが、今は静止画だけで我慢してね
賞が取れなかったら永遠に未公開かも(笑)

 
こんな感じの作品です。
eAT2

eAT1



わたくし、普段(?)はストリートダンスなんかもやってまして、作品制作しながら2つくらい出演イベントが決まってたりして、夜中ダンスの練習してたので家に帰ってくるのはいつも深夜4時くらいになってました(´Д`;)
良く体が持ったとつくづく思う。






■Wiiリモコン用 赤外線照射デバイス

IR1


研究にWiiリモコンを利用するにあたり、必要になると思ったので赤外線を照射するためのデバイスを自作してました。

過去にUSB電源のWiiリモコン用のセンサーバーを自作したので、その経験を活かして赤外線LED96個を使った最強のLED群を作りました。

しかも今回もUSB電源です。

USBが5Vなので、1つにつき1.25V必要なLEDは4つまでしか直列できません。
そこで4つ直列になったLEDを24列作り、全て並列に接続して電圧を保ちました!

IR2

IR3



これである程度の強さを持った赤外線が作れたので、LEDから照射された赤外線が再帰性反射板(光が来た方向に反射させる素材)にあたって反射した座標を読み取れるわけですね。

それを使ってなにを作るかはまだ考え中です^^;

ついにWiimoteLibがMotionPlusに対応!?

タイトルどおりなのですが、ついこの間の7月20日にCodeplexでWiiリモコンをパソコンで使う為のライブラリ「WiimoteLib」に新しくMotionPlusが対応したものが公開されました。

まだWiimoteLib_1.8 Beta版ということですが、問題ないと思います。
↓ここからDLできます
http://wiimotelib.codeplex.com/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=30401



WiiMotionPlusには3軸(正確には2軸+1軸)のジャイロセンサが搭載されていて、Wiiリモコンがどちらの向きにどれくらい回転したかが正確にわかります。

その精度がすごいということで一部で話題になっていましたが、
いままでのジャイロセンサが一秒間に300度の回転を読み取ることが出来たのですが、それではスポーツなどの素早い運動に対応できないという事で1秒間に1600度まで対応させたという高精度さ。


そんなすごいジャイロセンサが1500円という低価格で手に入ってしまうとは時代も変わりましたね・・・。
ちなみにうちの研究室にあるモーションキャプチャーのジャイロセンサは1つ50万するらしいですが(笑)



MotionPlusを研究室で買ってくれるみたいですが、待ちきれない&俺が欲しいので個人で買ってしまいそうです。

Wiiリモコンで出来る事

WiiリモコンはBluetooth通信を使っているので、Bluetoothが入っているパソコンなら簡単にWiiリモコンをPCとワイヤレス接続する事ができます。

さらにcodeplexで公開されているWiimoteLibというライブラリを使うとC#なんかで簡単にWiiリモコンの制御を行う事ができる訳です。


■WiimoteLibはこちら
http://www.codeplex.com/WiimoteLib



Wiiリモコンについている機能として前の記事でも書きましたが、

・赤外線カメラ
・XYZ軸加速度センサ
・XY軸傾きセンサ(加速度センサから求める)
・11ボタン
・4つのLED
・バイブレーション機能
・サウンド機能



と、これだけ沢山のセンサがワイアレスで使えてしまうので色々な可能性が広がりますよね。
ここで少しWiiリモコンから受け取る値の説明をしようかと思います。

・赤外線カメラ
赤外線カメラでは赤外線光源を4つまで検出する事ができ、それぞれIRSensors[0]~[3]の中にX・Yの座標が格納されます。
X・Yはそれぞれ0~1の間で表されて、小数点以下もかなり細かいところまで正確に検出できます。

たとえば・・・
if(IRState.IRSensors[0].found)で赤外線が1つ見つかったときに、
(IRState.IRSensors[0].X , IRState.IRSensors[0].Y) の位置にマークを表示したりして使います。


・加速度センサ
X・Y・Z軸それぞれ-1~+1の間で加速度が検出されて、こちらもかなり細かい数値がでます。
ちなみにWiiリモコンを平行に地面に置いた状態では重力でY軸が常に+1になります。

こちらはAccselState.Value.Xでその軸の値を呼び出して使用することが出来ます。




この二つだけでもかなり面白そうなものができそうです。
今研究で、フィジカルコンピューティングという現実とデジタルを組み合わせて身体的に操作できるものが作りたいと思っています。

そこで考えたのが、Wiiリモコンの赤外線カメラでボールの位置をトラッキングして遊べるゲームもしくはインタラクティブアート

仕組みとしてはこんな感じ。

図

・Wiiリモコンを部屋の上部に固定し、その方向から赤外線を放出
・ボール(赤外線を反射するもの)から反射した赤外線の座標をWiiリモコンで検出
・プロジェクタでボールに重ね合わせてエフェクトを表示したり敵キャラクターを表示する
・一人はボールを転がして遊び、別の人がもう1つのWiiリモコンで敵キャラクターを操作できて対戦できると楽しいかも

図2

簡単だけどこんなイメージ。



実際にプロトタイプは作ってるけど、動いてる所を録画したらまたここに載せたいとおもいます。

大学の卒業研究テーマのあれこれ

大学の卒業研究のテーマで最近悩んでますが、最近使おうかと考えている技術でWiiリモコンがあります。

WiiリモコンはBluetooth通信でPCとワイヤレス通信が出来る上に

・赤外線センサ
・XYZ軸加速度センサ
・XY軸傾きセンサ
・11ボタン
・4つのLED
・バイブレーション機能
・サウンド機能


と十分すぎる機能が付いていて、数千円で手に入ってしまうというすばらしいデバイス。



WiimoteLibというライブラリが公開されているため、C#だったりVisualBasicで簡単にWiiリモコンを操作するプログラムを組めるというお手軽さも魅力で俺も勉強がてらプログラムを作ってみる事にしました。

始めはセンサから受け取る値を処理する方法を勉強する為にWiiリモコンをPCのマウス代わりに使えるソフトなんかを作りました。

割と理解してきたので、今はXNAというFrameworkを使ってC#で3D表示をするところに入っています。
DOGAという3Dソフトでエクスポートした.Xファイルを読み込んでXNA上で表示させ、Wiimoteの傾きやボタン操作に対応して3Dモデルが移動するようにプログラムしてみました。


実際に操作してみた感覚は3Dの飛行機が自分の手の動きにあわせてぬるぬる動いて面白かった。
これでシューティングゲームだったり作れたら楽しいかも?




他にもAR(拡張現実感)とかのプログラムもちょこちょこいじって、勉強してるのでそちらも進んだらまた書きます。
プロフィール

kohaku_v

Author:kohaku_v
夢を追い続けるプログラマ。
本職であるWebプログラマの傍ら、メディアアーティスト・ダンサー・VJ(VisualJockey)としても活動しています。

子供の頃に感じたワクワクをいつまでも忘れない大人でありたい。
そんな思いを胸に「楽しい物・嬉しい物」を追い求めて様々な技術にチャレンジしていきます。

現在のミッション:「現実とデジタルの境を無くす」

■Web: http://teruaki-tsubokura.com/

■作品
[Shadow touch!!]
[石畳燈籠]
[AR+Wiiリモコン]
[どこでもスクリーン]
[FLASH+Wiiリモコンで体感ゲーム]

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
 
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。